Tokyo Motorcycle Art Show について

モーターサイクル・アートは海外では確立されたアートのカテゴリではありますが、日本においてはまだまだ聞き慣れない言葉かと思います。しかしながら、少しずつではありますが、アートを受け入れる世代、体質が形成されつつあり、モーターサイクルの走る、弄る以外の楽しみを若い世代を中心に見出しているように感じています。そのような中で、日本発のモーターサイクルアートを追求・発信、発見していく場として今回のアートイベントを企画しました。日本文化に根付いた活動をしている、且つ新進気鋭のアーティスト達(モーターサイクルの所有に関わらず)との日替わりでコラボアートを発表していくなど、モーターサイクル・アートとしての新たな試みへも挑戦します。このイベントが新型コロナウィルスによる影響で活動自粛となったモーターサイクル系イベントや、活動の場を余儀なく失ったアーティスト支援の一石となれれば幸いです。今回、本イベントを開催するにあたり、申し分のない会場をご提供いただきましたCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)様、SHIBUYA TSUTAYA様のひとかたならぬご厚意に心よりお礼申し上げます。

白いTシャツと黒いバイク。
代表 ワタナベキイチ

 
 


新型コロナウイルスの感染予防対策について

Tokyo Motorcycle Art Showでは、皆さまに安心してイベントにご参加いただくために、以下の予防対策を行います。
【会場での取り組み】
・ 会場では床、設備、備品の消毒を徹底しております。
・ SHIBUYA TSUTAYAの取り組みは下記URLからご確認いただけます。
  https://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12670449733.html
・ 手指消毒スプレーを常備しております。
・ 運営スタッフの健康管理、うがい手洗い消毒、マスクの着用の徹底をいたします。

【ご来場者様へのお願い】
・ 会場内ではアルコール消毒液を設置し、手指の消毒にご協力をお願いしております。
・ 発熱等の症状のあるお客様は、ご参加をご遠慮いただきますよう、お願いいたします。
・ 他の方と十分な距離をとってご鑑賞ください。
・ 混雑が発生した場合は、ご入場にお待ち頂くこともございますのでご了承ください。
 

【日程】
2021年9月23日(木) 10:00〜20:00
2021年9月24日(金) 10:00〜20:00
2021年9月25日(土) 10:00〜20:00
2021年9月26日(日) 10:00〜20:00
2021年9月27日(月) 10:00〜20:00
2021年9月28日(火) 10:00〜20:00
2021年9月29日(水)10:00〜20:00
2021年9月30日(木) 10:00〜17:00

【会場】 SHIBUYA TSUTAYA 6F
SHIBUYA TSUTAYA公式サイト

【入場料】 無料

【主催】 白いTシャツと黒いバイク。(ライドカット社)

 


コラボアーティスト

今回のイベントでは日本文化に根付いた新進気鋭のアーティスト4名とのコラボアート&コレクションも発表します。イベント期間中も日替わりで各アーティストが来場、コラボ作品を当日限定でライブ制作します。


萩原 純平 Junpei Hagihara (書道アーティスト)
20歳から我流で書道を始め、「書道をベースにした現代アート」をテーマに様々な作品を制作。2019年にルーヴル美術館に隣接するカルーゼル・デュ・ルーヴルに書道アート作品を出展し、日本文化を発信するフランスの有名メディア『Journal Du Japon』にて日本の注目アーティストとして掲載される。2020年に東京で開催した個展では3日間で数百名のゲストが来場。2021年3月には東京の有名コーヒーショップ LIGHT UP COFFEE とのコラボエキシビションを開催し、コロナ渦に関わらず多数の来場者を記録。2022年4月にはシンガポール国立博物館への出展が決定。

紹介記事 (SAPACE MARKET (スペースマーケット)





舟木 香織 Kaori Funaki(水引アーティスト)
アパレルのデザイナー等を経た後、自身の結納でその奥深さに魅せられ 水引の世界へ。 2016年に独立。「喜結−kimusubi」のブランド名で活動中。2018年gucci青山店リニューアルオープニングパーティにてデモンストレーション。2018年、2020年に都内にて個展開催。海外文化交流では台湾、インドで講演やワークショップを開催。国内外のメディアにも複数掲載。作品制作をする傍ら企業広告、ワークショップの依頼などを受ける。日本人が育んできた贈り物への思いを伝統工芸の枠に囚われない柔軟な発想でアートに昇華する。

インタビュー映像 (Fresh Faces 〜アタラシイヒト〜BS朝日)



南 周佑 Syusuke Mnami (ファッションアーティスト)
1998年9月9日生まれ、名古屋ファッション専門学校卒。ファッションビジネスを専攻するも服作りに魅了され、デザイナーの道へ。独自のセンスと執念で服を作り始め、2020年11月、自らのブランド「chaos」設立。パンクカルチャーをベースにさまざまな表現を服に落とし込む。パンツやジャケットだけでなく、ライダースやリストバンドなどレザーを使ったコレクションも発表。幼少期の闘病生活、それに伴う臨死体験を乗り越えて放出されるプロダクトには、狂気すら感じる、まさに新進気鋭のアーティスト。  

インタビュー映像 (ここがターニングポイント)




高鍬 雅裕 Masahiro takakuwa (刺繍アーティスト)
1977年生まれ。神奈川県横浜市出身。デザインや文字をフリーハンドで直接生地に刺す、数少ない横振り刺繍の職人。横振り刺繍とは横振りミシン(針を左右に振る特殊なミシン)を使って行う日本独自の刺繍技術で、デザインで5年〜7年、文字は8年〜10年くらいの修行をしないと習得が難しいとされている。20歳の時に日本刺繍の伝統と高い技術に魅了され、弟子入り。約9年間の修業の後、刺繍工房 雅を開業。人生の半分以上を刺繍に捧げ、現在、刺繍歴は24年。横振り刺繍とともに日本の文化を世界中に広めるべく、和文字だけではなく英文フォントの開発にも着手、国内のみならず海外へのアプローチを始める。趣味はサーフィンと旅行。
 

 


アーティスト出演スケジュール(予定)

2021年9月23日(木) 12:00〜18:00
舟木 香織 Kaori Funaki

2021年9月24日(金)

2021年9月25日(土) 12:00〜18:00
高鍬 雅裕 Masahiro Takakuwa

2021年9月26日(日) 12:00〜18:00
萩原 純平 Junpei Hagihara

2021年9月27日(月)

2021年9月28日(火) 12:00〜18:00
南 周佑 Syusuke Minami

2021年9月29日(水)


2021年9月30日(木)

※当日の状況、アーティストの体調等により、予告なく変更する場合もございます。予めご了承ください。



Director


ワタナベキイチ Kiichi Watanabe
福島県会津若松市出身。大学卒業後、劇団運営、舞台役者、広告デザイナー、福祉施設経営などを経て、モーターサイクルアーティストとして活動。モーターサイクルそのものや、それに付随する感情や風景、社会風刺を描く。シルクスクリーン版の上から30回以上の刷りと乾燥を繰り返し、編み出される「Premium Art series」 は、油絵のように深く、水彩画のように鮮やか。黄金比で切り取られた世界は、心の奥底に眠っている原風景を呼び覚ます。アートは飾るものではなく、触れて楽しむものという考えから、主にTシャツをキャンバスとしている。近年の展示イベントに「SIROKURO CAFE」(2013年/横浜)、「AKZ」(2017年/台北)、「Hello Motorcycle」(2017-2019/東京・super racer)、「Rain or Shine」(2018-2019/調布、銀座、名古屋、神戸、福岡・motorimodaがある。その他、motorimoda(日本)、helstons(フランス)、W.A.N.T(イギリス)、TOKYOlife(日本)、POWERAGE(台湾)などの国内外のファッションブランドとのコラボレーションやデザイン供給も手がける。

Achievements(実績)はこちら

 


Art & Collection

今回のショーで発表する作品を一部紹介。この他にもそれぞれのアーティストが制作した作品やコレクションが並びます。全貌は会場にてお楽しみください。入場、観覧は無料とし、作品は全て購入orオーダー可能となっております。


「high position」
work:高鍬雅裕×ワタナベキイチ
素材:Tシャツ (白いTシャツと黒いバイク。)
技法:シルクスクリーンプリント・横振り刺繍
作品詳細はこちら



「stereo」
work:萩原純平×ワタナベキイチ
素材:綿Tシャツ (白いTシャツと黒いバイク。)
技法:シルクスクリーンプリント・毛筆
作品詳細はこちら



「逆鱗」
work:舟木香織
素材:和紙・フルフェイスヘルメット (SIMPSON HELMET M30)
技法:水引
※画像は製作途中のもの



「混沌」
work:南周佑×高鍬雅裕×ワタナベキイチ
素材:モッズコート
技法:パッチワーク・横振り刺繍・シルクスクリーン



「共鳴」
work:ワタナベキイチ
素材:綿Tシャツ
技法:インクジェットプリント・ペインティング
※画像は製作途中のもの