【限定10】【単月販売】Motorcycle Art Calendar / February-2022「Road of Japan 」-古宇利大橋-

1,800円(税込1,980円)

購入数
古宇利大橋

沖縄は夏よりも冬に行くほうがいい。本州の寒さで縮こまった体と心が、一気に緩む感じがなんとも言えない。夕暮れに、古宇利島へかかる橋を渡った。寒くもなく暑くもなく、少しばかり湿気を含んだ風が気持ちよかった。アクリル絵の具をそのまま垂らしたような、エメラルドグリーンの海にかかる一本橋が、どこまでもどこまでも、夢のように続いていた。ゴーグルを押し下げたら、ヘルメットの中は南国の空気で満たされた。

ART&WORKKIICHI WATANABE

「白いTシャツと黒いバイク。」2022年のカレンダーは、シルクスクリーンプリントで製作するアートカレンダーとなります。鳥取県産の手漉きの和紙(純雁皮紙)をベースに製作されるこのカレンダーは、"白黒"のTシャツ同様、スキージ(インクを伸ばすヘラのようなもの)を引く際の力加減や、グラデーションに使用するインクの混ぜ込み具合で、それぞれが少しずつ表情が異なります。また、4版以上を使って製作するため、僅かな版ずれなどが起こりますが、これこそが手刷りによる製作の証となります。一点物の証としまして、裏面に製作者であるワタナベキイチのサインと"白黒"のブランドロゴ印を記します。

一点物のシルクスクリーン原画作品としては破格の価格設定です。月が終わりましたら是非、額装等していただき、お気に入の場所に飾っていただければと思います。約A4サイズほどですので、場所を選ばず飾りやすい大きさとなっております。


用紙:雁皮紙 (がんぴし)和紙
鳥取県(因州)産の因州和紙です。雁皮というジンチョウゲ科の落葉低木の皮で作られた紙を雁皮紙といいます。永久保存に耐える強靱緊密さがあり、害虫に強く変色しにくいため、平安時代から絵巻物や流麗な公家風のかな書き文書、仏教経典や書籍などにも使われました。古い時代に書かれた雁皮紙は、今でも数多くの文化財として博物館などに残されています。半面、原料である雁皮は栽培が困難で製造にも手間がかかるため、現在ではごくわずかしか生産されていません。



サイズ:ほぼA4サイズ(横:約210mm×縦:約297mm)

印刷:シルクスクリーンプリント(5版)

ご注意
一枚一枚、シルクスクリーンにて仕上げている絵のため、少しずつ表情が異なります。また、版ずれや、にじみ、カスレなども意図的に発生させています。ハンドメイドならではのMOTO-ARTをお楽しみいただければ幸いです。